お腹を切らない胃がんの手術「ESD」のことなら「ESD専門サイト」で。

www.tonan.gr.jp 斗南病院

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
TEL 011-231-2121
所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分

早期胃がんについて

胃がんの治療方法

胃がんの治療には大きく分けて“2通りの方法”があります

「内視鏡的切除」と「外科的切除」

胃がんの治療にはさまざまな治療があります。その中でも、リンパ節転移の危険が少ないと判断した場合、ESDなどの「内視鏡的治療」を行います。ある程度進行してしまった胃がんでは、「外科的切除」が行われます。

内視鏡的切除(局所切除)

内科で「お腹を切らずに行う」ESDやEMR

リンパ節転移のリスクのないがんが内視鏡的切除適用となります。当院で行っているESDや、従来行われてきたEMRという内視鏡治療がこの「内視鏡的切除」に分類されます。

内視鏡には、検査や治療のための、次のような沢山の機能が搭載されています。

  • * 胃の中を照らし、観察治療をしやすくするためのライト
  • * 胃の中を撮影し、観察するためのカメラレンズ
  • * 体内の血液などの吸引や、組織の採取や処置をするための道具を通すみち(管路)
  • * 水や空気を送り出すためのみち(管路)

こんなに沢山の機能を搭載しつつも、患者さんが内視鏡を飲み込みやすいようにするためには、内視鏡の経を細くするための工夫が必要です。近年、画像処理や精密な加工といった多くの技術革新によって内視鏡の改善が続けられた結果、現在、胃の内部の観察に適した画質を有する、太さ約5~6mm程度の細さの内視鏡が開発されました。外径がとても細いことで、検査の時などに患者さんの苦痛を従来より軽減することが可能となっています。

外科的切除(胃切除+リンパ節郭清)

外科でおこなう開腹手術や腹腔鏡手術

がんを外科的に切除する方法です。進行した胃がんでは、内視鏡治療での治癒は望めず、開腹手術や腹腔鏡手術といった外科手術が必要となります。当院では、内科と外科が密に連携しておりますので、「内科でESDを受けようと思ったけれど検査の結果外科的切除になった」「ESDを行ったけれど病理検査の結果外科的切除が必要になった」などの場合でも、しっかりと外科へ引き継ぎを行っておりますのでご安心ください。

開腹手術

胃がんの手術は良性の胃潰瘍などを切除する場合とはまったく異なります。進行した胃がんではリンパ節へ転移している可能性もあるため、胃周辺のリンパ節も切除します。病変部が周囲の臓器に接している場合、その臓器もいっしょに切除する必要があることもあります。
大抵の場合は胃の下のほうの2/3か胃の全部を切除する手術になりますが、まれに胃の上部だけなど一部を切除する手術の適応になることもあります。開腹による外科的手術も腹腔鏡による外科的手術も、切除する範囲などに変わりはありませんが、とても進行してしまった胃がんの場合、開腹でないと手術ができない場合もあります。

胃潰瘍と胃癌の手術の違い
腹腔鏡手術

腹腔鏡手術とは、大きく切開せずに手術することで、患者様の体への負担を減らすことのできる手術です。
まず、おなか(腹腔内)を炭酸ガスでふくらませて、おへそからカメラ(腹腔鏡)を挿入します。また、おなかに、5~10mmの小さな切り込みを数カあけ、そこから器具を挿入して手術を行うため、小さな傷で治療が可能です。

胃がんに対する腹腔鏡手術は、1991年に、世界に先駆けて日本で開発されました。日本内視鏡外科学会の調査によると、年ごとに、腹腔鏡で行われる手術の件数は増加しています。患者様の体への負担などを考慮し、とても進行してしまった場合をのぞき、胃がんの外科手術は腹腔鏡で行うという病院が増えています。

腹腔鏡手術のメリット
  • ・キズが小さく目立ちにくい
  • ・開腹にくらべ術後の回復が早い
  • ・術後の痛みが少ない
  • ・開腹にくらべ合併症が少ない
Copyright (C) Tonan Hospital All Rights Reserved.