お腹を切らない胃がんの手術「ESD」のことなら「ESD専門サイト」で。

www.tonan.gr.jp 斗南病院

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
TEL 011-231-2121
所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分

入院の流れ

手術前から手術後までの流れ

入院して手術を行うにあたっての流れや、手術前後の注意事項をお知らせいたします。

手術当日の注意事項

  • 手術当日のお食事 … 朝、昼、晩と、絶食していただきます。
  • 手術当日の内服薬 … 決められた薬のみ少量の水でお飲み下さい。
  • 手術の開始時間 … 一般的にはお昼頃ですが、その日の検査室の状況で前後します。
  • ※ご家族の方、付き添いの方は、手術終了まで、病室や待合室でお待ちください。
  • ※手術終了後には、医師より手術結果の説明をいたします。
  • ※手術にかかる時間は病変の大きさなどの要因により決まり、一定ではありません。

手術当日の服装について

手術の際には、病院の検査着を着ていただきます。

検査着の下
  • * パジャマのズボンなど、ゆったりとした楽に脱ぎ着できるものをご用意下さい。
  • * 金属は検査や治療の妨げになります。ジッパーやスナップのついたものは避けてください。
下着について
  • * 楽に脱ぎ着できる、ゆったりしたパンツを履いてきてください。
  • * 女性の方はブラジャーやガードルは外していただきます。
その他
  • * お化粧やマニキュアをされている方はおとしておいてください。
  • * コンタクトレンズを使用している方ははずしておいてください。
  • * 手術では、電気メスなどの高周波装置を使用します。手術の妨げにならないよう、貴金属類は取り外して ください。(指輪・ネックレスなどの装飾品、入れ歯・ 時計など)

手術の流れ

STEP 1 手術前処置・咽頭麻酔をします

手術を始める前に、まず胃の中をきれいにするため、粘液除去剤(胃の中の泡を消す薬)を飲んでいただきます。また、手術では内視鏡を入れるため、のどの麻酔をします。ゼリーをふくむことで麻酔ができます。(※この方法は通常の胃の内視鏡検査をする時と同じです)

STEP 2 治療室にて静脈麻酔で手術を行います

手術は、静脈麻酔で眠っている状態で行われます。酸素吸入を鼻から行います。手術中はモニターで全身状態の管理をしながら、安全に配慮した治療をしておりますのでご安心ください。

STEP 3 治療中の患者さんの状態について

治療は左側臥位(お体の左側を下にして横たわった状態)で行います。治療中は全身状態をモニターするため、血圧計をまいたりして、呼吸や循環の管理をします。

STEP 4 治療の担当者について

治療中は、医師と担当看護師、内視鏡技師が患者さまの そばについて手術や介助をおこないます。

ESD直後について

ESD後の合併症を防ぐために

手術後の合併症である、患部からの出血や穿孔(穴が空いてしまうこと)を防ぐために、手術後は以下のような注意が必要です。

ESD後の数時間は特に安静に

ESD後の麻酔がきれていないうちは、ふらつくことがあります。そんな時は無理せずにトイレ・洗面などの際は、看護師を呼んでくださいね。

水分、食事摂取は医師の指示に従いましょう

ESD後経過が順調であれば治療翌日から飲水を開始し、翌々日から食事を開始しています。ただし、治療数日後でも傷から出血を起こす事があるので、特に退院後の食事については、担当医師、栄養士の指示に従ってください。

薬を正しく服用してください

ESDを行った部分は潰瘍(傷のある状態)となっているため、潰瘍治療の飲み薬を服用していただくことになります。医師や看護師の指示に従って、決められた薬をきちんと服用してください。

退院後の生活・注意事項について

ESDをした部分の潰瘍(傷になっている部分)は、完全に治癒するまでには2ヶ月ほどかかります。ESD手術を受けられた患者さんには、少なくとも手術後2週間ほどは、以下のことに注意して生活していただいております。

  • 無理はせず休みましょう

    お仕事は、できれば休んでいただけると安心です。もしも無理であれば、体を休めながらできる最小限の仕事にしてください。

  • 運動はひかえめに

    退院後1週間は安静が必要です。それ以降は散歩などならよいですが、重いものを持ったり、運動したり、たくさん歩く旅行などの外出は控えるようにしましょう。

  • 入浴について

    退院後1週間はシャワーのみでお願いしています。 それ以降は、入浴してくださって大丈夫ですが、長湯は避けましょう。

  • お酒もひかえて

    お酒や炭酸飲料などの刺激のある飲み物、また、辛いものなど、胃に負担をかける飲食は控えるようにしてください。

Copyright (C) Tonan Hospital All Rights Reserved.