お腹を切らない胃がんの手術「ESD」のことなら「ESD専門サイト」で。

www.tonan.gr.jp 斗南病院

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
TEL 011-231-2121
所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分

ESDとは

内視鏡的粘膜下層剥離術“ESD”とは

従来の方法の弱点を克服した手術方法です

「ESD」とは、Endoscopic Submucosal Dissection (内視鏡的粘膜下層剥離術)の頭文字をとったものです。いくつかの層構層でできており、そしてがんは最も内側の層である粘膜層から発生します。ESDは、早期のがんに対して、内視鏡で消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する治療法です。胃でのESDは、最も早く、2006年より保険適用となり、現在では標準的に行われています。それまではEMR(内視鏡的粘膜切開術)という方法が主流で、“スネア”と呼ばれる輪のようなもので切除していましたが、胃では通常2cm (スネアの大きさ)までと、切除できるサイズに限界があり、しばしば分割切除になるため、正確ながんの進行度の評価ができず、がんが残ったりすることで再発を招いていました。そのEMRの欠点を克服した治療法がESDで、大きな病変でも一括で切除することが可能となっています。

従来の方法(EMR:内視鏡的粘膜切除術)

EMRの課題点
・一度に切除できるがんの大きさに限界がある(2cmほど)

新しい方法(ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術)

ESDではEMRの弱点を解消
・大きな病変でも切除可能
・再発率が低い

ESDのメリットを見る

ESDの流れ

ESDでどのようにして病変の切除が行われるのか、その流れを解説いたします。

STEP 1 マーキングする

まずはじめに、切り取る部分がわかるようにマーキングします。
内視鏡を胃の中に入れ、病変の周辺に目印をつけていきます。

STEP 2 局所注入

粘膜下層に薬液の局所注入(局注)をし、粘膜に厚みをもたせます。
病変部分を安全に切除するために大切な行程です。

STEP 3 切開

局注で病変部分の粘膜に厚みをもたせたのち、マーキングを取り囲むようにして、電気メスで 病変部の周囲の粘膜を切ってゆきます。

STEP 4 粘膜下層剥離

病変部の周囲粘膜を切ったら、いよいよ病変を切除していきます。
専用の電気メスで少しずつ慎重に、病変をはぎ取っていきます。

STEP 5 切除完了

マーキングを含めて病変部を切除します。

STEP 6 止血

病変部を切り取ったあとは、切除した傷の表面に止血処置をしてESDは終了です。
所要時間は病変の大きさなどにより異なります。

切り取った病変は回収して病理検査を行います

なぜ手術後に検査するの?

切り取った病変部分は、回収して病理検査をします。なぜ病理検査を行うかというと、手術前のCT検査などである程度がんの進行度合いは推定できますが、しっかりした判定を行うには細胞や組織を直接検査したほうが正確だからです。

結果によっては再手術が必要なことも

病理検査を行うことで、リンパ節の転移のリスクより詳細に知る事ができます。そのため、病理検査の結果によっては、手術前に想定していた進行度合いよりも進行しているという場合もあり、追加で外科手術等の治療を行う必要が出てくる場合もあります。
当院では内科と外科がしっかりと連携しておりますので、追加手術の場合も安心しておまかせいただけます。

入院から手術までの流れ

Copyright (C) Tonan Hospital All Rights Reserved.