お腹を切らない胃がんの手術「ESD」のことなら「ESD専門サイト」で。

www.tonan.gr.jp 斗南病院

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
TEL 011-231-2121
所在地
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目3
アクセス
札幌駅から徒歩5分  地下鉄大通駅から徒歩10分

おなかを切らず、胃がんの手術が可能です。 ESD 「イーエスディー」内視鏡的粘膜下層剥離術

ESDは、お腹を切らず、内視鏡を使って胃がんの手術をする方法です。

以前の早期がんの標準治療が手術療法であることは今も昔も変わりません。しかし近年の内視鏡治療の進歩により、リンパ節転移のリスクの少ない早期のがんであれば内視鏡的に根治が可能となりmした。内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)と言う方法で、内視鏡の下に小さな電気メスを用いて、腫瘍の下を少しずつ剥離して行くというものです。

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)のスペシャリスト住吉 徹哉

メッセージを見る

+“早期胃がん”とは

胃がんは胃の表面から発生しますが、初期の段階では粘膜内にとどまっています。しかし進行するにしたがって、次第に粘膜下層、筋層、漿膜下層へと達します。

がんがどの深さまで達しているかを腫瘍の「深達度」と呼んでいます。 そしてがんが粘膜または粘膜下層にとどまっているがんのことを「早期胃がん」といいます。

早期胃がんかどうかは主に内視鏡検査によって診断されます。

胃がんについて詳しく見る

+早期胃がんの治療には大きく分けて“2通りの方法”があります

胃がんの治療にはさまざまな治療があります。その中でも、リンパ節転移の危険が少ないと判断した場合、内視鏡的治療を行います。

詳細を見る

+内視鏡的粘膜下層剥離術“ESD”とは

詳細を見る

「ESD」とは、Endoscopic Submucosal Dissection (内視鏡的粘膜下層剥離術)の頭文字をとったものです。いくつかの層構層でできており、そしてがんは最も内側の層である粘膜層から発生します。ESDは、早期のがんに対して、内視鏡で消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除する治療法です。胃ESDは、最も早く、2006年より保険適用となり、現在では標準的に行われています。それまではEMR(内視鏡的 粘膜切開術)という方法が主流で、“スネア”と呼ばれる輪のようなもので切除していましたが、胃では通常2cmまでと切除できるサイズに限界があり、しばしば分割切除 になるため、正確ながんの進行度の評価ができず、がんが残ったりすることで再発を招いていました。そのEMRの欠点を克服した治療法がESDで、大きな病変でも一括で切除することが可能となっています。

+ESDは胃だけでなく、食道や大腸における早期がんでも行われています

詳細を見る

  • 食 道

    「粘膜固有層までに癌の浸潤が留まるもの」が絶対適応です。さらに相対適応として「がんの深さが粘膜筋板に達したもの、粘膜下層200μmまでに留まるもの」とされていますが、これらはリンパ節転移の可能性が残ります。

  • 腫瘍の大きさ、組織型(分化型、未分化型)、深さ、潰瘍合併の有無により規定されます。絶対適応病変は、「がんの深さが粘膜層に留まり、腫瘍径2cm以下、潰瘍を伴わない分化型癌」とされています。

  • 大 腸

    「腫瘍の大きさに関わらず、一括切除が可能な 腺腫または早期癌(深さが粘膜下層1000μmまでに留まるがん)」とされています。

+ESDのメリット

詳細を見る

非常に低侵襲であること
ESDのメリットは「低侵襲であること」この一言に尽きます。侵襲というのは患者さんが受ける身体的負担のことです。外科手術では、臓器を周囲のリンパ節と一緒に切除することになりますが、ESDではリンパ節転移のリスクがない早期がんが適用となるため、ESDを選択することで局所のみの切除となり、臓器を温存することできる、低侵襲な治療となります。
入院期間が短くて済むこと
ESDでは、病変部分のみの剥離のため、臓器も本来の大きさのままです。そのことからも、また入院期間も順調ならば食道・胃の場合で7日間程度、大腸の場合で4~7日程度と短くて済みます。

+道内屈指の実績

食道がん、胃がん、大腸がんに対するESD(内視鏡的粘膜下層)の実績

斗南病院では、道内においていち早くこの技術を取り入れ、これまで早期胃がんに対するESDは2000例以上にのぼり、年間症例は120例を超えています。食道表在がん、早期大腸がんに対するESDも道内屈指の症例数を誇ります。

実績について詳しく見る

  2014年 2015年 2016年
食道がん 25件 22件 27件
胃がん 184件 158件 132件
大腸がん 52件 68件 82件
261件 248件 241件

+入院期間と費用について

詳細を見る

入院期間は、基本的に胃や食道で7〜10日、大腸で4~7日です。

切除部位の面積の大きさに関わらず、術後経過に問題がなければ4〜10日前後で退院が可能です。

費用は高額療養費の対象になります。

健康保険や国民健康保険加入者が、同じ月内に同じ医療機関に支払う医療費の自己負担額(食事の費用・自費分は除く)が高額になった場合は、限度額の認定証の交付を受け、入院事務担当者にご提示いただくと、病院窓口での自己負担額が限度額までの金額となります。詳しくはお問い合わせください。

手術費用と入院期間の目安、および1割負担の方、3割負担の方の自己負担金額は以下の通りです。

部位 入院期間 手術費用(入院費含む) 1割負担者 3割負担者
胃(悪性) 10日 65万円 6.5万円 20万円
胃(良性) 10日 45万円 4.5万円 14万円
食道 10日 60万円 6万円 20万円
大腸 7日 55万円 5.5万円 17万円
Copyright (C) Tonan Hospital All Rights Reserved.